test

結構なアトラクション

それは、何年か前の出張のときの話

出張先は名古屋、新潟空港から約2時間のフライト、ここ鶴岡から
新潟までは車で3時間・・・9時の出発なので、搭乗手続きの時間を
みて家を出るのは朝の5時、早朝だから道路はがらがら すーいすい

私たち2人は余裕の時間配分で新潟空港に向かっていたのでした。
だいぶ新潟空港に近くなった8時過ぎ、車の量がやけに多い・・・

ナント道路は渋滞しているのです・・・そうバリバリの通勤ラッシュ
この時間帯のこの道路を走った事のない私たちに通勤ラッシュ
のことなど知る由もありません。思わずハンドルを握る手が汗ばむ

妻は車の中で足踏み状態・・・やばいよね・・・まずいよね
それでも何とか8時50分何とか新潟空港に到着、あわてて
空港に入ると、空港の入り口付近に腕時計とこちらを

見ながらそわそわしている女性が立っています。
いきなりその女性が『白幡様で御座いますね、急いでください』 
顔を見合わせる私たち夫婦・・・やば〜〜い

私『もしかして飛行機 俺たち待ち??』
妻『いきなり名指しだもんね・・・』

搭乗手続きもすべてパスして、いざ飛行機に女性とともに
ダッシュ状態・・・その飛行機がこれまたかなり遠くの
滑走路に・・・って見た目にもかなり小ぶりな飛行機・・・

細かいことはさておいて、脚立?のようなタラップを上って
飛行機に乗り込むと・・・機内はマイクロバス状態??
しかもプロペラ機?なんか心細い機内・・・

見渡しながら座席に着くと、妻がおもむろに
『時刻表に(30)って書いてあったの30人乗りって事だったのね』
私『おいおいそれ大事なことじゃん、プロペラ機ゆれるよ』

かくして、スチュワーデスさんが同乗しない、コックピットと
乗客席が50cm丈ののれん(カーテン)で仕切られた、トイレが
異常に狭いプロペラ機で、しかもジェット機じゃないので低空飛行

で(予想どうりゆれるゆれる)名古屋へと向かったのでした。
しかし操縦席が乗客席から見える飛行機ってあるんですね・・・
名古屋に無事着いたとき、となりのサラリーマンが、『結構な
アトラクションでした・・・』同感!!

いつもながらの珍道中の我々夫婦なのでした・・・とほほ


皆さんのシルクのご感想、ご注文等、何人乗りか確認しながら
ドキドキしてお待ちしております、それでは宜しくお願いいたします!

ページトップへ