ドクロチップ

しかし、電化製品も上手い具合に、7〜10年で壊れてしまうもんですね
我が家の電化製品も、掃除機に始まって、アイロン、電子レンジ
ラジオ、ガスコンロと会社の瞬間湯沸かし器(これは電化製品じゃ
ないけど。)と立て続けに

壊れてしまいました。大事に使いたいので、何とか直そうと試みる
のですが電子レンジなんか、いろいろやったらやばそうだし・・・

しかるに、これはきっと頭のいいエンジニアがいて、電化製品には
一般市民には解らないように ICチップが内臓されていて、
7〜10年ぐらいで全体の8割ぐらいが、それぞれいろいろな原因で

壊れるようになっていて、それでも2割は案外丈夫で
『電化製品はあたりはずれがあるから』的なことで なんとなく皆
納得しているんじゃないだろうか・・・・なんて考えさせられるのです。


そんで、これを考えた人たちや家電業界の人たちは、公には
出来ないので、『ドクロICチップ』とか密かに呼んでいたのだけれど、

関係者しか知らないとはいえ、その呼び名はまずいなんて会議
で取り上げられて、『ファジーICチップ』って呼ぼう!なんて決まって。
でもくれぐれも内密に、外には漏らさないようになんて・・・。


いつもこんなことを考えてしまう、私って変人? 家電業界に携わる
皆様、ご家族の皆様ごめんなさい。ちょっとSFっぽく考えてみただけです。
でもこんなこと考える人って、案外多いんじゃないだろうか?

『ドクロICチップ』はともかく・・・


皆さんのシルクのご感想、ご注文等、電気屋さんのチラシ見ながら
ドキドキしてお待ちしております、それでは宜しくお願いいたします!
メールマガジンのご登録で
クーポンプレゼント!

ページトップへ