メールマガジンのご登録で
クーポンプレゼント!
test

僕は小児科

先日の鼻白髪の話ではありませんが、昨今私にふりかかる
『寄る年波攻撃』にはまいってしまいます。

私は中学2年生からかれこれ30年以上、めがねのお世話になって
おりますが、いわゆる近眼で視力は0.06なのです。

近視の私が・・・小さな文字が見えない・・・めがねを外すと何とか・・・

そんな私の怖かった眼球の話、私が25歳の時友達とラケットボールを
していた時(2人で壁に向かって、ボールを打つスポーツ)

試合に熱くなった2人が、同じ方向を向いているため相手が振りぬいた
ラケットが、私のめがねを直撃、ガシャーン・・・レンズは当然割れて
しまい、割れたレンズが目の中に入ってしまったようなのです。

日曜日でしたが、救急病院に友達から連れて行ってもらい、診察
を受けました、目の中に色素を入れて先生が言うには、

『いちおう洗浄しておきましたが、眼球の裏側に多分ガラスの破片が
まだ取りきれていないから、目をこすったりしないように、明日眼科に
行ってください』 って私の前にいるあなたは眼科の先生じゃないの?

先生にすがるように聞いてみると

『僕は小児科ですから(きっぱり)』が〜んっっ さて病院から帰って
田舎の病院では休日診療に各科の先生はいないことがわかって

問題は、今晩どうやって目をこすらずに寝るかという新たな問題に
ぶつかったのでした、(心なしか目がゴロゴロするのです。怖い)
手を後ろに縛るか・・・それとも野球のキャッチャーのマスクをするか?
いやいやそんなの持っていないし・・・

色々考えましたが結局普通に寝ました。おかげさまで大丈夫でした。
今では笑い話ですが、あの晩は本当に手を縛ろうと思ったのでした。トホホ


皆さんのシルクのご感想、ご注文等、レンズはプラスチックにしながら
ドキドキしてお待ちしております、それでは宜しくお願いいたします!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ